ダンボール箱の種類と用途

私たちの生活になくてはならないダンボール箱。

その活躍の場は、私たちの日常生活からビジネス上の業務に至るまで、幅広くあります。

そもそもダンボール箱は正式には、平らな形状の紙と波状の紙が接着剤で張り付けられた1つの構造体となっているものの総称をいいます。

その素材や形状は、軽くて強度もある程度あり衝撃に対する吸収性もあり、さらに何度もたたんででは組み立てられるという性質から、非常に多くの場面で使用されています。ただし欠点も多少持ち合わせており、腐食性のガスを多少発生させるため、電子部品など精密機器の保存には向きません。

また、チャタテムシやゴキブリの住処となりやすいため、特に外から流通してきたものには注意が必要です。

ダンボール箱に関する問題解決をサポートいたします。

また、一口にダンボールと言っても実に様々な種類のダンボールが存在します。


例えば、片面ダンボールや両面ダンボール、複両面ダンボールなどがあり、用途によってそれぞれ使い分けられます。



私たちの私生活では、例えば通信販売で何か買った時に、その商品はダンボール箱に入れられて配送されてきます。



また、引っ越しなどでも家財などを入れ、トラックを経由して次の建物に運ばれます。
ビジネスの場では、商品が箱に詰められ、取引先に配送されたりお客様宅に運ばれたりします。

近年では東日本大震災のような震災にみまわれた時に、避難所でベッドや間仕切り、敷物としても使用され避難時の代用品としても使用されています。
このようにダンボール箱は私たちの生活に結び付いているのです。