気づくと溜っている紙袋の活用法

ブランドショップで買い物をしたり、ちょっとおしゃれなショップで買い物をした時に商品を入れてくれるのがショップのロゴや可愛いおしゃれなデザインの紙袋だったりすると、いつか使うのではないかとついつい取っておいてしまいがちです。

袋に袋を入れて気づけば結構な場所を占領していたりして、それでも捨てられないなんてことはよくある事です。
ですがそのまましまいっぱなしにしていてるのは宝の持ち腐れで袋にも失礼ですので思い切って整理してみましょう。ただ、捨てるのはもったいないので2次利用をして楽しみましょう。


まず、袋を種類わけします。


同じ種類、デザインでどうしても捨てたくない物を取っておき、人に物を差し上げる時やセカンドバックとして利用しましょう。

紙袋は丈夫にできているので同じ高さにカットして引き出しの中の収納に利用します。キッチン用品のはいった引き出しはごちゃごちゃしがちですので、袋を箱状に使って綺麗に整頓します。また、下着なども引き出しの高さに切った紙袋に見える形で収納すれば可愛く洗濯物をしまうのも楽しくなります。

ダンボールの情報が詰まったサイトです。

綺麗な柄の物はブックカバーやボックスティッシュ、町中でもらうティッシュケースを作って楽しみましょう。
洗面台に置いてあるヘアケア製品なども紙袋をボックス型にして整理整頓すればすっきりしますし、はがきや手紙などを収納しておくレターケースにも変身します。



防水加工してあるものはキッチンでハーブなどを育てるのにも役立ちますし、おしゃれです。最終的に残ったものは三角コーナー替わりに活躍してもらい、そのまま燃えるゴミに出す事も出来ます。