オリジナルの紙袋をオーダーする

category01

年末になると商店街が活気付きます。
少しでもお客さんを呼び込むために商店街のオリジナル紙袋を製作してイメージアップされるのも方法になります。

段ボールのオーダーならこちらが人気です。

商店街にロゴがあったりすると紙袋にも印刷できるので目立つ商品袋も製造できます。多くの会社は日本でオーダーを受けて海外で印刷などするので手元に届くまで最低で14日は必要です。
種類は通常タイプとクラフトタイプに高級感のあるラミネートタイプがあってあり、もちろん1枚の単価は異なります。
サイズは4種類ありますので、SサイズとLサイズを500部ずつとか依頼することが可能です。


オリジナルの紙袋ですから、オプションも自分で決めることが出来ます。
加工に関しては紙袋のタイプによって見た目が異なってきますのでオーダーする時によく相談される事をお勧めします。



1000部から料金が格安になることが多いので年末だけでなく通年利用されるなら一気に1000部や2000部をオーダーするのも方法になります。


また1000部の印刷なら1枚あたりの単価が大幅に減るので、ちょっと豪華なオプションを付けるのが可能です。


せっかくのオリジナル紙袋ですから個性あるものを作って商店街をアピールする火種となると幸いです。先ほど紹介したオプションですが見た目の高級感よりも、価格は安く設定されているので選択肢に入れておくと良いです。
オリジナルでここまで安くて高級感のある商品は簡単に作れないので、お気になられたら相談することをお勧めします。



知りたかったダンボール

category02

結婚式の引き出物を入れたり、企業のイメージにピッタリの物を作ったりと様々な用途があるオリジナルの紙袋ですが、それだけではなく色々な場面で活躍します。また最近では同人誌を作る人達の間でも自分たちが作った作品に登場するキャラやロゴを使用した紙袋が人気です。...

subpage

わかりやすい情報

category02

企業でのオリジナル紙袋を制作しなくてはならないけれど、一体どこで頼めば良いのか分からない、そういった悩みを抱えられている企業担当の方もいらっしゃるのではないでしょうか。オリジナルの紙袋なのですが、コストがかかってしまったり、色々と悩みを抱えられている方も多いことでしょう。...

subpage

ダンボールを知るべき!

category03

ブランドショップで買い物をしたり、ちょっとおしゃれなショップで買い物をした時に商品を入れてくれるのがショップのロゴや可愛いおしゃれなデザインの紙袋だったりすると、いつか使うのではないかとついつい取っておいてしまいがちです。袋に袋を入れて気づけば結構な場所を占領していたりして、それでも捨てられないなんてことはよくある事です。...

subpage

もっと知りたいダンボール

category04

いつか使うからと、ついついため込みがちになる紙袋。サイズもバラバラに収納してしまうと場所も取り、いざ使おうというときにも取り出しにくくて、ほこりもたまり、色も褪め、結局使わずじまいになることもしばしばです。...

subpage