ダンボール箱の歴史と特徴

category01

日本で初めてダンボール箱が誕生したのは、1909年のことでした。

その際にもその名は使われていましたが、断面の波形が階段状に見え、原紙にボール紙を用いていたことにその名は由来していると言われています。


なお、日本でダンボール箱が誕生した1909年以前にもイギリスで帽子の内側の汗取り用に片側の紙が貼られていない片段の段ボール箱に似た紙が使われていました。

これは、19世紀後半のことでありこれこそが段ボール箱の起源と言われています。

一方で、日本で一般社会にその存在が普及したのは誕生からしばらく経った戦後のことでした。


そんなダンボール箱は一般的に使い捨てではなく、10回もその姿を生まれ変わらせるのが一般的です。

ダンボール箱について説明致します。

これは、みなさんもご存知の通りその素材はその性質上何度もリサイクルすることができるためです。



一般的なリサイクルの流れは、多くの場合ものを運ぶために使われ、その後不要になったらリサイクルゴミとして排出されます。



実際にダンボール箱を廃品回収に出した経験は、みなさんも一度はあるのではないでしょうか。

そして、そのリサイクルゴミを古紙回収を行っている企業が収集し問屋へもちこみ、さらには製紙会社に段ボール原紙の原料として持ち込みます。
こうして持ち込まれたダンボール原紙は製紙会社で溶解され、さまざまな加工工程を経て再びダンボールの原紙として人々の役に立つ存在となります。

このようなダンボール箱は、リサイクルの優等生と呼ぶにふさわしい存在と言えるでしょう。

ダンボール箱の秘訣

category02

私たちの生活になくてはならないダンボール箱。その活躍の場は、私たちの日常生活からビジネス上の業務に至るまで、幅広くあります。...

subpage

ダンボール箱の事柄

category02

ネット通販などを頻繁に利用している方の中には、家に不要なダンボール箱がたまって困っているケースがあるかもしれません。溜まりすぎると捨てるのに手間がかかる上、場合によっては余計な出費につながることもあり得ます。...

subpage

ダンボール箱の情報分析

category03

引越しする時に荷物を収納したり、宅配便で物を入れるために利用したりなどダンボール箱は色々な用途があります。水分を含むと強度が下がることはあるものの、その点に注意していれば使いにくいことはないでしょう。...

subpage

ダンボール箱の話

category04

色々なものをしまい込みたいときには、市販のケースに洋服やら物をしまうことが多いでしょう。中には押し入れやタンスにしまう場合もあります。...

subpage