もらった紙袋の保管方法

いつか使うからと、ついついため込みがちになる紙袋。

サイズもバラバラに収納してしまうと場所も取り、いざ使おうというときにも取り出しにくくて、ほこりもたまり、色も褪め、結局使わずじまいになることもしばしばです。

こんなことにならないために、収納方法を決め、適正量を守ると問題は一気に解決します。

収納方法としてお薦めなのが、サイズ別に分け無印良品のファイルボックスにしまっておく方法です。

ストックする量を決めてしまうことで、それ以外は定期的に処分するくせがつき、使いたい時に使うことができ、いい循環が生まれます。

100円ショップで販売しているファイルボックスでもいいですが、無印良品のファイルボックスは底がまっすぐなので、紙袋をしまった時、歪むことがなく、きっちりしまうことができるのでストック入れとして大活躍してくれます。

またブランド物の紙袋については、適正量を守ろうとしても、仕立ても良く捨てるに忍びないと、適正量を決めておきながらも、ため込みがちになってしまいます。

ダンボール箱の情報がてんこ盛りのサイトです。

保管する量を決めておいたのに、もったいない、という理由だけでため込んでしまうと収納の秩序が乱れ、また悪循環が生まれてしまいます。



そんな捨てるに忍びない紙袋の処分にお薦めなのが、オークションやフリマでまとめて販売してしまう方法です。



「ショップからもらった紙袋をわざわざ買うなんていないよね」と思う方も多いかと思いますが、オークションサイトやフリマアプリで検索すると、落札されているのです。

フリマアプリではお互いの住所を開示せず売買ができる仕組みがあるので、安心してお得に出品することができるのです。